1. トップ>
  2. ヘルスコ・キュアーシリーズ>
  3. Q&A

ヘルスコ・キュアーシリーズ

概要  特長  施工について  実験データ  キュアーフレーム工法  Q&A

  1. 「ヘルスコ・キュアー」は、どれくらい防腐・防蟻効果が高いのでしょうか?
    「ヘルスコ・キュアー」は、独立行政法人森林総合研究所(九州支所)で苛酷な防蟻テストに合格した商品です。その性能は日本木材学会の研究発表会でも報告され、高い評価を受けております。
  2. ヘルスコ・キュアーの成分は、ヘルスコートに含まれる成分と内容が違うのでしょうか?
    また、安全性は確認されているのでしょうか?
    ヘルスコ・キュアーの成分は、ヘルスコートとは内容が違いますが、水溶系で、人体にやさしい製品です。(経口毒性・経皮毒性・魚類毒性試験) 特許出願(特願2001‐209762)
    製品の特長は、浄化した木質系忌避剤の水溶化の開発に成功したことにより、自然素材の中で防蟻防腐効果、害虫忌避効果が最高と言われる木質系忌避材を、水溶性自然硬化型バインダー材とブレンドできたことです。
  3. ヘルスコ・キュアーの性能は、防蟻・防腐性を高めているため、ヘルスコートのもつ木炭の機能に比べて劣る点がありますか?劣るとすればどの部分でしょうか?
    ヘルスコ・キュアーは、白蟻防除・防腐効果・害虫忌避効果を高めることを目的として原料を配合しています。従って、木炭の調湿・消臭等の機能が劣りますが、全体の塗付面積から見た場合、木炭の機能性を充分に満たす量ですので、機能が全面的に低下するという心配はありません。ただし、施工後1~2週間位は、原料成分である木質系忌避剤の臭い(燻煙臭)が少し残りますが、その後は自然に減衰しますのでご安心下さい。なお、臭いの源は自然素材です。
  4. ヘルスコ・キュアーとヘルスコートでは、機能が違うそうですが、塗付する部位・場所をどのように使い分けたらいいのでしょうか?
    当社製品の木炭塗料の中でも、防蟻・防腐性能を飛躍的に高めたのがヘルスコ・キュアーです。基本的には、木部の白蟻食害を受けないように、土台・大引・床柱・根太・根ガラミ等の木部などに直接塗付して下さい。
  5. ヘルスコ・キュアーは殺蟻材ではなく、忌避効果を高めた防蟻材だと聞きましたが、白ありの食害対策は本当に大丈夫でしょうか?
    ヘルスコ・キュアーそのものは、殺蟻材ではありません。従って、白蟻が土壌から発生したり、飛来して住み着くということは考えられます。しかし、ヘルスコ・キュアーを塗付した部分に、食害があるということはほとんどありませんし、塗付した近辺に白蟻が寄り付くこともありません。
  6. ヘルスコ・キュアーの施工内容は、特別な防蟻の工事を行うのでしょうか?
    ヘルスコ・キュアーの施工については、メーカー及び特約店・代理店が協力し、専門的な知識・技術を習得した認定施工店制度を設け、万全の施工体制を整えております。従ってその施工については厳密な報告がなされておりますが、現場状況によって施工内容が一律でなく、事前にお客様のご理解とご協力を改めてお願いすることになります。その際にはよろしくお願い申し上げます。また工事については、防蟻のための施工マニュアルが整備されており、その内容に沿って施工を行いますのでご安心下さい。
  7. 既築の建物で、既に白蟻が発生している場合、その対策はどのようにすればよいでしょうか?また、保険は使えるのでしょうか?
    既築の建物の場合、既に白蟻が発生しているケースは十分考えられます。その対策については、事前の調査を綿密に行った上で、まず白蟻を駆除することから取りかかり、白蟻の死滅を確認した後、予防の工事となります。
    また、損害保険についても、新築・既築を問わず適用することが可能です。しかし、保険の適用については、認定施工店で工事を行うことが最低の条件となる他、適用除外の場合もありますのでご注意下さい。
    特に既築のケースでは、建築的な改善の手法が必要な場合も考えられます。その際には皆様のご協力を得られないと保険対象工事としての適用が受けられなくなりますので、ご協力をお願い致します。
  8. 既築の建物の場合、完全に塗付できない部分があるかと思いますが、大丈夫でしょうか?保険は適用されるのでしょうか?
    既築の工事の場合、床下や、それぞれの材料が重なり合った部分や、外壁部分との取り合いにおいて施工不能な部分など、様々な障害があり、施工に支障をきたすケースがが多々見られます。お客様が非常に心配される部分ですが、対応策については色々な角度から検討し、十二分に対策を講じてありますので、ご安心下さい。
    なお、損害保険については、公正な第三者チェック機関がその評定をするので、ズサンな内容の工事では、保険の適用はできません。
    認定施工店が、防蟻施工マニュアルに沿って適切な防蟻施工を行いますので、業者及び依頼先への確認をよろしくお願いします。
  9. ヘルスコ・キュアーには白蟻防除損害保険が適用されると聞いておりますが、その内容について教えて下さい。
    メーカーのアーテック工房(株)と損害保険会社との間で、白蟻防除業者賠償責任保険の契約を締結しています。保険契約者は、アーテック工房(株)、被保険者は、アーテック工房(株)が製造するヘルスコ・キュアーの販売会社、及びヘルスコ・キュアーを使用する施工会社(業者)です。
    この保険は、白蟻防除施工について、施工者が保証書で顧客に保証した内容のうち、白蟻が再発したことによる建物損傷の修復費用を支払う損害金が支払われますので、顧客に交付する保証書の信用が高まります。
    ただし、保険の対象となる修復費用は、直接の工事費用のみで、白蟻防除施工を再び行う再施工費用及び建物の使用不能による仮住まい費用等(ホテル代など)は対象外です。 損害てん補限度額は1000万円、保証期間は5年間ですが、保証期間中は毎年1回、定期点検でフォロー致しますので、お客様に安心して頂くことが出来ます。
  10. ヘルスコ・キュアーは、新築・改築どちらの場合でも保険が適用されると聞いておりますが、適用できない場合もあるのでしょうか?具体的に教えて下さい。
    ヘルスコ・キュアーは、新築・改築どちらにも保険が適用されます。ただし、次の場合は適用除外となりますので、ご注意下さい。
    (1) 防除施工した建物を増改築又は修復などした場合に、その部分の白蟻防除施工をしないときは、建物全体の保険が無効になります。従って、増改築などしたときは、速やかに連絡の上、当該部分の白蟻防除施工が必要となります。
    (2) 建物の防除施工した後、施工個所以外から発生した損傷については、保険の対象外となります。
    (3) 万一白蟻が発生した場合、又は発生の疑いがある場合は、そのままの状態で速やかに連絡して頂きます。連絡なく修復されたものについては保険の対象外となります。
    (4) 雨漏り、建物破損などの家屋管理の不手際や、建物構造上の欠陥により、白蟻が発生した場合は、保険の対象外となります。
    (5) 水害、地震などの天災地変により、白蟻防除効果が滅失したと考えられる場合は、保険の対象外となります。
    (6) 家具類などの動産の損害は、保険の対象外です。
  11. 既に他社の防蟻剤と併用、もしくは保証年数が重なっている場合、その保証はどうなるのでしょうか?
    他社の防蟻剤と併用したり、保証年数が重なっている場合であっても、他社には関係なく、ヘルスコ・キュアーで防除施工した範囲で通常の保証となります。
  12. 管理型の保証保険ということですが、管理の内容、その費用等について教えて下さい。
    ヘルスコ・キュアーは、白蟻防除保険による保証期間が5年間ですが、毎年、保証期間の初日の応答日の前後3ヶ月以内に、施工店が定期検査を行います。定期点検の事前連絡及びその結果報告、作業台帳の記録・整備、施工保証書の発行手続、その他の施工保証システムは、メーカーと業務委託会社とが、特約店・代理店・施工店と連携しながら、管理業務を進めて参ります。
    業務管理費用は、1現場物件ごとに、建面積(1階部分の床面積部分)200m2までは、保険料を含めて3800円です。
  13. 損害保険の保険料は、工事費に含まれるのでしょうか?含まれないとすれば、どのくらいの金額でしょうか?その支払方法はどうなりますか?
    保険料は、一般的には工事請負金額に反映されていることが多いと思います。施工完了と同時に、保険手続の必要事項として所定の現場情報を記載した書面を、代理店・特約店等を通じて送付(FAX送信)して頂きますが、保険料は上記(A12)の通り委託業務管理費用を含めて、1現場物件ごとに、建面積(1階部分の床面積部分)200m2までは、3800円です。
  14. 保証書の発行はいつの時点でしょうか?工事代金の納入後ですか?
    施工保証書は、白蟻防除施工の完了報告があり次第、施工店に発行して送付します。
ページのトップへ戻る